外国人が日本で就職する方法【企業のサポート体制を活用】

女性

営業職で成果を出すには

営業のコツは一つではありませんが、何といっても顧客のニーズを把握する力というのが重要です。そのうえで、そのニーズにかなうというだけではなく、顧客の担当者の業績アップにもつながる商品提案であると認識してもらえるやり方が必要となります。

詳しく見る

記事リスト

男性

企業の節目となる年度

企業のさらなる飛躍に向けた絶好のチャンスとして活用できるのが、企業にとって節目となる年度に行う周年事業です。自社で企画や準備を行う他に、周年事業のプランニングを手がけている広告代理店などの業者を利用するのも良い方法です。

詳しく見る

PC操作

コミュニケーションを取る

日本の企業の中には、外国人の人材を募集するところもあります。逆に外国人の中にも日本の企業に就職したいのなら、研修サポート体制が整っている企業を選んだ方が無難です。インターネットで働きやすい環境の企業を探してみましょう。

詳しく見る

女の人

営業活動で欠かせないもの

どんなに自社の製品が良いものでも、その魅力を伝えるために話を聞いてもらわないといけないのですが、相手の気持ちをこちらに傾けるのに大切な最初の扉は自然な笑顔です。相手の良い点を探し、謙虚な気持ちを持って接するなら、作り笑顔でない魅力的な笑顔になり、それは営業のコツの大切な一面となります。

詳しく見る

男女

社内行事で終わらせない

創業してから節目を記念するイベントとして開催されてきた周年事業ですが、社内行事としてより社会へアピールする場として挑戦してみてはいかがでしょう。今までと違うことをするのは、勇気と費用もかかりますが成功すればそれだけ注目を浴びれます。

詳しく見る

研修サポートを活用する

婦人

サポートのある会社を選ぶ

日本人でもなかなか就職ができないというのに、まして外国人ではさらに難しいだろうと思う人も居ることでしょう。ところが、外国人でも企業のサポート体制を活用すれば、手軽に日本で就職することもできるのです。まず、サポート力のある会社を探してみましょう。サポート力というのは、外国人向けの研修制度を設けている会社のことです。外国人向けという点が重要となります。中にはまだ日本語が習得できていない人も居るはずです。日常会話はできてもビジネス用語は分からないという外国人に、ビジネス用語からきちんと教えてくれる企業もあります。このような会社なら、誰でも安心して日本での就職活動ができるでしょう。なぜ、日本でサポートをしてくれるのかというと、きちんと育成できれば即戦力になるかもしれないからです。特に海外との取引が多い企業では、外国人が居た方がスムーズにいくことがあります。また、世間からの信頼度も増すことでしょう。あの会社は外国人も雇ってきちんと育成していると評判になれば、世間から良い印象を持ってもらえるはずです。このように様々な理由から、多くの日本企業ではあえて外国人向けの就職を斡旋することが多くなっているのです。また、人材派遣会社もあります。外国人でも日本で働きたい人は、就職斡旋をしている人材派遣会社に登録してみるのもいいでしょう。日本語力やスキルなどから適切な日本の会社に派遣をしてもらい、そこから正社員登用となることも期待できます。